MENU

おすすめカードローン

  おすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 申し込み
アコム
3.0%〜18.0% 800万円 申し込み
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 500万円 申し込み
レイク
4.5%〜18.0% 500万円 申し込み

プロミスの口コミや評判はどうなの?口コミまとめ

「プロミス」という名前はテレビCMなどでも流れているので、キャッシングをされていない方でもご存知だと思います。
「プロミス」の人気はトップクラスで、ランキングサイトでも常に3位以内に位置しており、ランキングサイトや、口コミサイトを見ても人気が高い大手消費者金融で、「プロミス」は安心安全の消費者金融と言えます。
「プロミス」は安全面だけでなく、利用者側に立った充実した会員サービスも用意されているので、これからキャッシングを始めたいという人は、「プロミス」も選択肢のひとつに加えることをおススメします。

 

プロミスとは

「プロミス」とは貸金業である消費者金融のことです。
過去には消費者金融の大手6社があり、その一角に位置していたのが「プロミス」です。
貸金業法の改正以降は三井住友フィナンシャルグループの傘下に入り、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社、SMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」として事業を引き継いでいます。
キャッシングの種類も多くの商品が用意されており、大手消費者金融の中でも特に会員サービスが充実しており、無利息期間はレディースコールなどに人気が高まっており、最近では若者や女性に人気の消費者金融となっています。

 

プロミスの基本スペックと商品ラインナップ

プロミスにはさまざまなキャッシングプランが用意されています。
ですから、その中から自分のプランに合った商品を選択することができます。
申込条件は、年齢は20歳〜69歳の方で、安定収入のある人
(主婦・学生・パート・アルバイト可)となっています。

 

基本スペック
一般ローン・レディースキャッシング
・融資額 最大500万円
・実質年率     4.5%〜17.8%
・返済方式 残高スライド元利定額返済方式
・返済日 5日・15日・25日・末日から選択可能です。
・返済期間 最終借入後原則最長6年9ヶ月
・返済回数 1回〜80回
・資金使途 生計費に限る
・保証人・担保 不要

 

その他にも、教育資金や結婚資金、介護資金のように利用目的が決まっている場合に利用できるのが、目的ローンがあります。
このローンに限り金利は6,3%〜16,5%と低めに設定されています。

 

プロミスに人気が有る理由

消費者金融の中でも「プロミス」に人気が集中するようになったのは、「気軽に借りられる」という点にあります。
大手の消費者金融にも関わらず、誰でもが手軽に簡単に借入ができるということや、大手消費者金融であるという安心が有ることから、キャッシング初心者の人のほとんどが「プロミス」を選択しているようです。

 

もちろん、手軽なだけではなく、人気があるのは、プロミスのオペレーターの対応がよいのも人気のある理由のひとつで、「とにかく対応が親切で、相談しても顧客の立場になって考えてくれるので、とても気持ちよく借入ができる」と評判です。
初心者にとって、初めての消費者金融で借りるという事は、少なからず不安や緊張するもので、その緊張を解きほぐしてくれる、わからないことや不安なことから解消されるなど、キャッシングをする頃には不安がなくなっている、というのも大きな理由のひとつです。

 

さらに、審査から借入までのスピードや、審査の柔軟性なども含め、すべての項目において満足度の高い消費者金融です。

 

プロミスの口コミ

プロミスは確かに柔軟性のある、手軽に申込が出来る人気のある消費者金融ですが、中には残念ながら審査に通らないという方もおられます。
しかし、総量規制に接触している方、「プロミス」の申込条件にそぐわない方が審査に通らなかったというのが多いようです。

 

公表されているデータでは、プロミスは大手消費者金融の中で審査通過率が一番低いとなっていますが、この原因は、審査に落ちるリスクがあると覚悟して申込んだ方が多いとみてよいでしょう。
また、知名度も高く申込み者が多いため、多重債務の方からの申込みも多く、必然的に審査通過率が低くなっていると考えられます。

 

年齢:34歳
性別:男性
職業:自営業
他社借入:50万
プロミスは、他の消費者金融よりも金利が安かったので、迷うことなく申込しました。
上限金利17.8%と他社に比べて低く、無利息期間もついていたので、利息をかなり抑えることができました。
経営している会社がピンチだったこともあって、プロミスが助けてくれなければ、本当に危なかったと思います。

 

・他の大手消費者金融の上限金利が18.0%なのに対して、プロミスは17.8%と低めに設定されています。
また無利息期間を利用すれば、さらに安く借りられます。

 

年齢:25歳
性別:女性
職業:会社員
他社借入:なし
プロミスには50万円を超える多額の借入をしたので、正直利息が払えるかどうか、かなり不安でした。
最初のひと月だけでなく、数カ月に一度は貯まったポイントで無利息期間が利用できたので、利息を大幅に安くすることが出来て助かりました。
計算してみたら、銀行カードローンで借りるよりも利息が安くなっていたのには驚きでしたね。

 

・通常の無利息期間は、初回のみしか適用されませんが、プロミスは貯めたポイント数によって、さらに無利息期間が利用できるので、長期返済を考えている方にもおすすめです。

 

プロミスの自動契約機で退学を免れた

大手消費者金融の即日融資は口コミなどでも人気のあるシステムです。
急いでいる人にとって、その日のうちに借りられるかどうかは極めて重要なことで、即日融資で申込む方法は色々と用意されています。
今回の口コミはプロミスのWEB申込みと自動契約機を利用して、即日融資を受けたMさんの感想です。

 

「学費を使い込んでしまった」

親から振り込まれた学費を、ギャンブルで使い込んでしまい、今日中に振り込まなければ除籍という状況でした。
当時は自分の家にもあまり帰らず、友達の家を渡り歩いていたので、学校からの催促状もギリギリまで気が付かなかったんです。
たまたま、家に帰ってポストを見ると、当日中に振り込まなければ除籍処分にするという催促状が届いていました。
それで僕は、消費者金融で借りるしかないと思い「プロミス」へ申込みました。
というのも、以前友人が「プロミス」からお金を借りていることは知っていたため、いつでもお金を借りられるものと思っていました。

 

「即日融資は時間が大事という事に気が付いてなかった」

それで、ネット申込みをしようと、公式サイトを見た瞬間に驚きました。
ネット申込みだと14:00までに契約を結ばなければならないと書いてあったのですが、すでに時刻は14:00を過ぎていたので、その時は絶望しましたね。
事情を説明すれば何とかなるかもしれないと思って、すぐにオペレーターへと電話をしましたね。
今日中に学費を支払わなければならないことなど、事細かに説明しました。
すると、ネット申込みからでも、自動契約機を利用すれば間に合うと教えてもらったのです。
ネットと自動契約機を利用すれば、最速でお金が借りられるというものでした。

 

そこで、まずはネット申込みをして、必要な情報を入力して送信し、自転車で自動契約機へと向かいました。
そして、カードの受取り方法を、自動契約機に設定して、そこでカードを受け取ることが出来ました。
それからカードで20万円引き出し、振込先に指定された銀行のATMまで走りました。
同じ銀行同士の振込であれば、18:00まで受け付けていたため、何とか学費を振り込むことが出来たんです。
それこれ以来、ギャンブルもきっぱりやめることが出来たし、意外と人生を変えるターニングポイントになりましたね。

 

旅行の為にプロミスでお金を借りた

キャッシングでお金を借りる時の目的は、一般的に何に使っても良いという事になっています。
目的が生活費の為と言う人もいれば、旅行費として使いたいという人もおられます。
自分の給料からお金を貯めて、貯金出来たら旅行に行くというのはタイミング的にも案外難しいものです。
今回は旅行費用を「プロミス」で借りて、旅行を楽しんだAさんの口コミです。

 

「思い立ったが吉日」

最初にプロミスでお金を借りて旅行に旅たったのは大学を卒業した頃でした。
やることもなく、バイトを少しだけすればあとは暇、そこでふと思い立ったのが旅行でした。
でも旅費がない、そうだ消費者金融から借りようと思って、プロミスへ申込をして、即日融資で借りる事にしました。
そのお金でアジアへ貧乏旅行に出かけました。
その時は自分さがしとか考えてたのかな、いや何も考えてなかったのかもしれない。
とにかくわずかなお金を持って旅行に出かけました。
持ち金は少なかったですが結構楽しかったですよ。
いろいろ発見もあったし、結果行ってよかったと思っています。
帰ってきてからちゃんと働き口も見つかって、借りたお金の返済もそれほど苦労とは思わなかったですね。

 

「旅行以外も便利に利用」

プロミスの利用はそれ以降、働き始めてからも利用するようになっていました。
遊ぶためのお金を借りることはめったにしませんでしたし、そうだとしてもほんの少し借りるだけでした。
やはりちょっと前借りたお金で旅行に出かけた時の記憶が残っていて、また旅行がしたいなと思っていました。
その時は、なぜだか仕事のモチベーションが上がらない時期がありましたね。
その時に合わせて今度は短い休暇だったので、国内旅行ですが、「プロミス」が対応しはじめたネットキャッシングを利用して、借りたお金で旅行に出かけましたね。

 

ネットから申込はわざわざ外に出る必要もないので便利で、多少なりとも社会人になって世間の目も感じるようになってきましたしね。
誰にもバレないで借りることができるのはかなりいいですよ。
しかもプロミスはすピード融資、即日融資にも対応してます。
ただ、何時でも借りられるという状況なので「このままずるずる借り過ぎないようにしないと」とは思っています。
たまになら良いと思いますよ。
ありがとう御座いました。

 

カードローンで若手時代カードローンに助けられた芸能人

カードローンはお金の使いみちが自由で、人それぞれに使い道はさまざまです。
だからこそ消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの利用者にはいろいろなドラマがあります。
若手芸人の時代は、どうしても収入が少なく、生活が苦しかったという事をよく耳にします。
そこで頼りになるのが「プロミス」などのカードローンで、消費者金融は審査基準も緩いので若手芸人が利用する事も多いようです。
そんな若手芸人のCさんの口コミです。

 

「新人時代に重宝したカードローン」

今もそんなに余裕は無いですけどね。
1年目2年目なんかは、ほとんどタダ働きでしたよ。
芸人としての収入なんて、ほとんど無いに等しいようなものでしたね。
だからバイトして、ライブして、打ち上げの飲み会に行って…と、毎日それの繰り返しでした。
打ち上げは先輩がおごってくれたからよかったけど、たまに同期と飲んだり、合コンにいったり…、これじゃあバイトで稼いだお金なんて、すぐなくなっちゃいますよね。
ですからお金を用意する為の選択肢はほとんどなくて、駅前にあったプロミスの自動契約機で申込しました。
はじめてのキャッシングで1ヶ月は無利息だったようですけど、そんなの気にしてる余裕もなかったですね。
とにかくすぐに契約してカードローンでお金を借りました。
その後、だんだんとライブの出待ちも増えて、もう辞めるって言ってた相方を何とか説得して…、テレビ出演も増え、彼女が妊娠して、ほんといろいろありましたが、なんとかやってます。
最悪またプロミスからお金を借りればいいやって、自分の中の選択肢の一つにはありますね。やっぱ。

 

「消費者金融を利用している芸人は多い」

俺以外にも消費者金融のカードローンを利用している若手芸人は多いですよ。
やっぱり借りたお金でも自由に使えるのがいい。
中には借金を返せない駄目な奴もいますが、なんで自分がお笑い芸人を目指したのか、それをよく覚えておいて欲しいです。
その時の気持ちがなくなったらもう終わりでしょ。
苦しくなった時、その気持ちを思い出せば、どれだけ借金地獄にハマり込んでも、自分を見失わずに済みますしね。
最後に自分を救ってくれるのはという、その熱い思いですよ。

 

バイクが好きでプロミスにお金を借りて購入費用に

お金を借りる目的は何に使っても良いのがキャッシングです。
「プロミス」でお金を借りても目的を決める必要はありません。
ずっとほしかった大型バイクを、「プロミス」で借りて購入費用にあてたBさんの口コミです。

 

「お金が貯まるまで待てない」

私の場合、それこそ高校生くらいの時からずっと大型バイクに乗りたくて、購入費を作るためになんとかせっせと貯金をしてきましたが、生活も苦しいし給料は安いし、ちょっとずつ貯めるのではいつまで経っても購入資金がなかなか貯まらず何か方法はないかと考えていました。
その時は、なんか彼女にフラレたりいろいろ精神的にも限界だったので、明日はバイク買おうと決心しました。
そのためのお金を手に入れる方法としてキャッシングで借りようと思い、プロミスのホームページにアクセスして申込みを行いました。

 

「すぐに借りたかったので自動契約機へ」

ホームページから申込をしようと思いましたが、待ってられなくって自動契約機のある場所まで行きましたね。
自動契約機から申込をすると、1時間ほどでカードを受け取り、そこから10万円ほど借りて、そのお金と貯めたお金でやっとバイクを買うことができました。
「プロミス」には無利息期間もありましたが、それも利用させてもらい、少しずつ返済しました。
バイクを買えたので有頂天になっていましたが、その後の生活が少し苦しくて。
またカードローンを利用してしまいました。

 

一度ローンカード作ってしまうとだめですね。
ついコンビニに寄った時でも「なんとかなる」と思ってお金を借りてしまう。
しかもはじめてのキャッシングじゃないから利息はしっかり取られてしまう。
限度額まで何度でもお金を借りることができるのがすごく便利なんですが困りものです。
結局ずるずるとプロミスからお金を借りて。今でも返済は終わっていません。なんかプロミスのカードローンが生活の一部になってしまった感じがします。
自分みたいな人多いんじゃないかなあ。
自己破産なんてことになる前になんとかしようと思ってますが・・。

 

でもね、これって「プロミス」の責任じゃないのはわかっています。
やはり、キャッシングを利用する時は、返済の事も考えて借りないとダメだって事が、身に染みて解りましたね。

 

便利さゆえに生活がくるってしまった経験を味わった

カードローンの利便性は「一度契約すると、その限度額内なら何度でも借りられる」と言うところにあります。
一度にまとまったお金を借りて、後は返済のみいう他のローンと比べるとこの利点は大きいですし、計画をもって利用すればキャッシングは普段の生活の中でも強い味方になってくれるはずです。
しかし、計画をもって利用するというのも、簡単なようで案外難しい面もあります。
中には、ついつい自分の管理能力を超えた頻度でキャッシングを行い、その返済で苦しんでしまったと言うYさんの口コミです。

 

「便利な事が返って仇に・・」

最初にキャッシングを始めたのは軽い気持ちでした。
そのころちょっとお金に困っていて、自由に使えるお金が借りられないかと思い、スマートフォンから申込んだのが事の始まりです。
しかも「プロミス」は自分の口座に即日融資でキャッシングが可能、これじゃあ借り過ぎてしまうリスクを回避するのが難しいですよね。

 

最初に無利息サービスが利用できた事と、はじめてのキャッシングということで限度額が低かったので返済もそこまで苦しいという気持ちはありませんでした。
しかし、そのキャッシングが二度三度と重なってくると返済が苦しくなっていって・・。
毎月、プロミスの返済額を用意しなければと追い詰められた生活が続きました。
収入の中から、返済に充てる分を最初に引く事を給料日に計算するのが当たりまえのようになっていました。
毎月ふくらむ返済額で、今後もこんな感じが続くのかなと。不安でいっぱいでしたね。

 

「借り換えローンで一からやりなおし」

すでに返済に悩んで、他社からの借入れで返済額にあてる自転車操業にはまっていた私ですが、友人が進めてくれた借り換えローンで、どうにか毎月の返済額を現実的な数字にまで落とすことができました。
それ以後はキャッシングもやめていますし、もう前のようにはならないと決めていますが、自分は自制心が弱いので。またあんな生活に逆戻りするのはあまりにも恐いです。
「キャッシングの基本は、借りたら返す」と、ごくごく当たり前の事ですが、いざとなるとなかなか守れない人もいます。
「私は、本当にお金に困った時以外はキャッシングはしない、するとしても無理をしてまでお金は借らない」と決めています。

 

プロミスweb契約で即日融資も可能に!

「プロミス」は安心してキャッシングが始められる大手消費者金融です。
キャッシングにはどこで借りるにしても少なからずデメリットもありますが、口コミサイトを見てもデメリットが少ないのが「プロミス」です。
「プロミス」には多くの良い点がありますが、中でも話題や評判となっているのが、最短即日融資に対応している点です。

 

「即日融資はWEB契約で」

「プロミス」で人気のあるのがWEB契約で、
・メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすれば、初回ご借入時から30日間の無利息利息が利用できる。
・学生やパート、アルバイトでも申込可能。
パソコンやケータイ、スマートフォンからも申込み可能です!
・早い、安心、便利なプロミスなら24時間365日申込可能で、最短30分の審査回答でスピードキャッシングが可能

 

「プロミスの良かった点」

性別:男性
年齢:40代
職業:会社員
年収:400万円〜600万円未満
昨年11月にWEB申込みして最初は限度額は5万円でした。
それから3ヶ月後、増額申請を電話で相談させてもらったところ、親身に考えてくれて枠は30万円に増額してもらえました。
それからまた3ヶ月後「他社の分を返済したい」と電話にて相談させてもらいました。
本当に親身に相談にのって頂き、信用もして頂いて、年収の3分の1上限いっぱいの170万円まで増枠して頂けたので、他社借入は全部完済し解約できました。
プロミスの担当者の方は本当に電話にて1回1回親身に相談にのって頂け、適切なアドバイスをしてくれました。
今では気持ちも楽になり、本当にプロミスさんに感謝しています。

 

「急きょ葬儀が出来た」

性別:男性
年齢:50代
職業:会社員
年収:200万円〜400万円未満
葬儀代金が足りない事が解ったので急遽借入を申込みました。
かなり多くの金額が必要だったんですが、プロミスさん一件で全額借りる事が出来ました。
50万以上だったので、収入証明が必要でしたがすぐに審査も終わり、簡単な手続きでよかったので本当に助かりました。
金利は意外と低かったです。
長期で借りても問題をあまり感じない数字でした。
返済はコンビニでする事からする予定ですが、手数料無料は地味に嬉しいサービスだと思います。

 

無利息期間を利用する

「プロミス」にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が完了すれば「無利息期間サービス」が利用できます。
「プロミス」の無利息期間は初回借入時に30日間、その後は会員サービスでポイントを貯めていく事で新たな「無利息期間」が利用できるようになります。

 

今回は「無利息期間」を利用して他社借入を返済したKさんの体験です。

 

「他社借入が50万円」

友人との旅行がきっかけだったのですが、ちょうどバイクを買ったばかりで、旅行の資金を支払う余裕はありませんでした。
しかし、どうしても行きたかったので、消費者金融から10万円を借りたのですが、限度額が決まればあっけなく借りられる事から、借金をしている感覚がなくなるんですよね。
だから、これまでだったら、給料日前だからと我慢した場面でも、お金を借りて使ってしまうようになってしまいました。
それに、ボーナスが入ればいつでも返済出来るという油断もありました。

 

「毎月返済額が2万円に」

当時、「本当にやばいな」と思ったのは、毎月の返済額が2万円近くになった事ですね。しかも、返済額のほとんどが利息に消えていたので、これから先のことを考えるとマジで危機感を覚えました。
ちょうど、ボーナスの時期が近付いていたので、一気に返済を進めようと思ったんですが、
さすがにそこまで貰ってはいないので、まずは半分ぐらい返済しようと考えました。
元金が半分ぐらいに減れば、毎月の利息もかなり安くなるはずなので。
ただ、ボーナスまでは1カ月半あったので、また利息を無駄に支払わなければならないと思ったので、プロミスの無利息期間を利用してみようと考えました。

 

「無利息期間で借り換え」

僕の考えは、今借りている同額をプロミスから借りて、一気に返済するというものでした。プロミスからの借入は、最初の一カ月間は無利息期間が適用されるので、ひと月分の利息をカットすることが出来ます。
無利息期間があれば、利息を大幅に減らすことが可能ですし、返済した分は追加で借入が出来るため、急に収入が減った際にも助かります。
ただ、この方法は、総量規制が適用されるので、誰にでも出来るという方法ではありませんが、一部だけでも無利息期間で返済するのはおすすめの方法です。