MENU

プロミス増額審査について〜確認時効・流れ〜

キャッシングの契約をした時、限度額は「あまり多くなくてもよい」と思っていたのに、長く使っていると「限度額をもう少し増やせないかな?」と思う事があります。
「プロミス」の増額申請は、会員登録から申請する事が可能です。
借入額を増やしたい時は、「増額」で限度額を増やせば、新たな借入先へ申込むより手間がかかりません。

 

増額は「プロミス」から増額の案内が有る場合もありますし、もちろんこちらから申請する事も出来ます。
増額が出来れば、借入限度額も増え、余裕のあるキャッシングが始められます。

 

新たに借入先を増やす方法は賢明ではありません。
すでにプロミスを利用しているのであれば増額を検討しましょう。

 

  金利 限度額 申込
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%〜18.0% 800万円 申込
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 800万円 申込
レイク
4.5%〜18.0% 500万円 申込

 

例えば現在、プロミスで20万円の融資限度額があるとしましょう。
そこから新しい借入先を見つけ新たに20万円の限度額を確保したとします。
十分に借り入れができる状態です。

 

しかし、十分に「借り入れ」ができることは最大40万円の借金に膨れかねないことでもあります。

 

借入金額が増えすぎる可能性がある。
借入先が2社になることで今後何かしらの契約で不利になる可能性がある。
返済が困窮する可能性が出てくる。

 

だからこそ、借入先は利便性の高い1社に絞っておくことが大切です。

 

■個人信用情報機関に2社の記録

個人信用情報機関は、日本に3つある個人の債務情報を管理する機関です。
ここには債務情報のすべてといっても過言ではないほどの情報が集められています。
申し込みをした、返済状況、契約期間、遅延状況や最医務整理など個人でも把握し切れていない情報量です。

 

消費者金融、銀行カードローン、住宅ローンや、マイカーローン、さらには携帯電話の契約でも審査が行われ、個人信用情報機関に照会しています。
借り入れ件数が多ければ多いほど、「返済能力」が問われ審査が不利になります。

 

だからこそ、借り入れ件数は1社にまとめておくことが必要です。

 

”ポイント”

新しい借入先を見つけるのではなく、現在利用しているプロミスでの増額を検討しましょう。

 

■増額とは

申し込みをして融資限度額が決定しているでしょう。
融資限度額の範囲内は自由に借り入れができます。

 

もちろん融資限度額以上の借り入れはできません。
借り入れをしようとしても「ご利用可能額0」と表示され手しまいます。
それでは、融資限度額以上の借りたいときにはどうすればよいのでしょうか。

 

限度額を上げることです。

 

■増額にも審査がある

現在の融資限度額は新規申し込み時に決定したものです。
それは「新規申し込み時の情報をもとにして決められた融資限度額」です。
つまり、その時点で貸付可能と判断された金額です。

 

そのためそれ以上の融資を希望する、つまり増額を希望する場合には改めて審査が行われます。

 

”現在の状況を審査し、見合った融資限度額が改めて設定される”

 

増額申請を行うと、新規申し込み時と同じように「審査」があり「審査結果の通知」があり、「融資限度額の決定」と「契約」があります。

 

〜増額申請の流れ〜

1.増額申請
 →プロミス会員サービス内にある「限度額変更申込」かプロミスコール(電話)で行う
2.増額審査開始
 →在籍確認がある
3.増額審査結果通知
 →増額否決か可決か、電話かメールアドレス宛に連絡
4.利用開始

 

”プロミスに聞きました!”

増額の審査も通常審査と同様に審査時間は最短30分です。
土日祝日も審査は行われています。
そのため増額即日も可能です。

 

■増額の審査では何を見る!?

新規申し込み時と、現在の状況で「収入が増えている」「支出が減った」となれば増額の可能性は高いでしょう。

 

収入や支出のバランスを見て「返済の確保」ができる金額が融資限度額として決定します。

 

現在が当時の状況と変化があれば審査にそれが影響します。

収入増 アルバイトの勤務時間が長くなった
パートの勤務日数が増えた
パートアルバイトの時給が上がった
基本給が上がった
支出減 住宅ローンの支払いが終わった
他社の借り入れを1件完済した
子供が成長し成人になった
クレジットカードを解約した

 

これらの状況の変化があれば審査に有利な情報となるでしょう。
基礎となる返済能力が上がったことになります。

 

ところがこれらばかりが審査で重要になるわけではありません。
新規申し込み時と増額申し込み時、そのときに決定的な違いがあります。
それは”実際の取引がある”ということ。

 

〜実際の取引とは?〜

借り入れ、返済を実際に行っているということです。
借り入れをしすぎていない、返済を確実に行っている、それらが増額の審査では最も重要な項目になります。

 

■大きな借り入れのためなら・・・

借り換えなど大きな金額をまとめるために増額を死体と言うのであれば今一度考え直す必要があります。
プロミスは少額キャッシングに向いているカードローンであり、借り換えやおまとめ向きのものではありません。

 

あくまでも「確実に返済ができる計画が立てられる範囲」で利用を検討するものです。

 

どれくらいまでなら増額が可能?

では、増額するとどれくらいまで限度額を増やせるのか、気になるところですが、こちらから増額申請をして許可された場合は、1回の増額につきおおむね5万円〜10万円と言われています。

 

また、現在の利用限度額でも違いがあるようで、たとえばパート・アルバイトの方や自営業者契約社員、派遣社員の場合、多くが15万円以下の利用限度額が設定されています。
この場合、増額されるのはせいぜい5万〜10万円と思っておく方がよいようです。
ただ、雇用形態(正規雇用の社員になる)とか収入がアップした場合は、最大の30万円まで増額される事があります。

 

増額前の利用限度額が30万円の場合、もともとの評価が高くないと30万円の限度額は設定されません。
よほどのマイナス要素がない限り、50万円まで増額が可能なようです。

 

プロミスからの案内で増額する方法

プロミスで増額する方法は、プロミスから増額の案内がある、または利用者が増額を希望する、と言う方法で増額できます。

 

プロミスから案内が有る方は、契約して1年以上、直近6カ月以内に延滞などを起こしていないという方に対して増額の案内があります。
その案内を受けて、増額を希望した「勤務先や年収」「家族構成」「住所や連絡先に変更はないか」といった事を確認されます。
続いてプロミス内で審査が行われます。
審査が終われば審査結果が伝えられ、いくらまで増額できるといった案内があります。

 

ただし、案内があったからと言ってすべて増額が可能になる訳でもなく、審査に落とされる事もあります。
「プロミス」が増額の案内を出している方は、一定の条件をクリアしている方に電話をかけます。
その中の増額を希望する人のみ審査を行いますが、その審査結果によって増額されない可能性も出てきます。

 

利用者から増額申請した場合

増額申請が出来るのは「プロミスの返済で6カ月以上延滞をしたことがない」「プロミスと契約して半年以上である」「お金の利用目的が明確」という条件を満たせば、増額申請が可能で、「プロミス」の増額申請は会員サービスから申請する事ができます。

 

増額申請すると、プロミスは案内が有る時と同じように「勤務先や年収」「住所や連絡先に変更がないか」「お金の利用目的」などを確認します。
続いて審査が行われ、審査が終われば増額についての審査結果や金額について連絡があります。

 

増額審査に通りにくいのは

増額申請をしても落とされるという方は

○信用情報機関の内容から落とされる場合

増額の審査で、もっとも重要視されるのが、利用者の信用情報です。
信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、個人情報には利用者のローンやクレジットカードの利用履歴が細かく記載されています。
「プロミス」では直近1年半以内に3回以上の延滞があると審査落ちとなります。
また、他社借入が年収の3分の1近ければ審査は通りません

 

そのほか、勤務先が変わった時は改めて在籍確認が行われますが、在籍確認が取れない、実際は休職しているという事が解った時や、年収が下がった時、下げ幅によって増額審査に通らない事があります。

 

増額申請を有利に進めるポイント

基本的に何か変更が有った時は、「すぐにプロミスへ連絡を入れる」という事がポイントです。
たとえば、住所変更や勤務先が変わった時、電話番号を変えた時などは、すみやかにプロミスに変更届をしましょう。
また、アルバイトから正社員になった、一般企業から上場企業に転職した、年収が大幅にアップしたという場合も報告する事が重要で、給与明細書や社会保険証の写しなどを提出すればさらに有利になります。

 

どうしても今月は支払いが苦しいという時は、返済日が来る前にこちらからプロミスに連絡を入れ、出来る事なら返済日より1週間以内に指定し、約束した支払日にはきちんと返済するという事も重要です。

 

「プロミス」は、年末年始や年度末、夏季休暇、ゴールデンウィークなどに、キャンペーンを行っています。
キャンペーン中は、増額審査の条件が緩和されるので、増額の幅も広がりやすくなります。
たとえば、実際にあった事ですが、「契約期間は1年未満なのに増額の案内があった」という口コミもありますし、キャンペーン中は金利が0.5%ほど下がることがあるので、金利の面でもメリットが大きいです。
キャンペーンは年に複数回行われているので、「プロミス」から増額の案内が有った時はこの機会を逃さずに申込してみましょう。

 

急ぎの増額は難しい

キャッシングは、現在の限度額をさらに増やすことが出来る増額申請が可能です。
ただ、増額申請には一定の条件があり、その条件をクリアすればこちらから申請が出来るようになります。
「プロミス」も、もちろん増額申請は可能ですが、ある程度時間に余裕を持たせておいた方がよいと言われています。

 

「プロミスの審査時間」

プロミスで初めて契約をする時の審査時間は、最短で30分という早さで完了するので、もちろん即日融資にも対応しています。
ただ、増額審査はそういうわけにはいかないようで、プロミスでの増額はおおむね2〜3日は必要なようです。
増額を希望する理由として、出費が重なり、現在の限度額で足らなくなったという理由が多いようです。
審査に2〜3日必要と言うのは長すぎると思う人もいますが、増額審査は初回申込時の審査とは違い、利用状況なども含めて審査されるので、仕方のない事かもしれません。

 

「増額の審査内容とは」

融資限度額を増やすという事は、増額審査を受ける事になります。
審査は一定の基準を設けられ、それをクリアしなければ増額は認められません。
増額の審査項目は、ほぼ初回の審査とほぼ共通していますが、限度額を増やすという事なので、審査内容が初回と違って厳しく見られます
増額審査は「職業」や「収入」、「年齢」、「現在の借入状況」が審査されます。
それ以外に、ポイントになるのが「プロミス」の利用状況で、「定期的な借入返済を繰り返している」「返済は遅れずに続けられているか」という事も審査の対象になります。
「プロミス」としては「無理のない程度で多く使ってもらいたい」と言うのが本音なので、継続して利用する事や、限度額一杯まで借りる事で、現在の限度額では足らない事をアピールする事も必要です。

 

「審査時間が長くなるのは」

より多くのお金を融資するという場合、貸す側にとってリスクが大きくなります。
審査は基本的に「通常審査」と「慎重な審査」があるとされ、希望限度額が一定以上を超えると「慎重な審査」になると言われます。
ですから、増額を希望されて、慎重な審査に移行すれば、当然審査が通常よりも遅れるというのは当然の事だと言えます。

 

増額審査は2〜3日必要と言うのは一般的な話で、「プロミス」が優良顧客と認めた場合は即日で審査結果が出る事もあるようです。

 

増額するためのコツ

キャッシングの初めての契約の時は、限度額が少なめに設定されます。
ただし、限度額は最初に決められた金額が続くという事でもありません。
一定の条件を満たせば、増額申請も可能ですし、キャッシング会社から増額のお誘いがある場合もあります。
「プロミス」も一定条件をクリアすれば増額申請が可能です。

 

「6カ月過ぎたら増額申請は可能」

増額は誰でも申請できるのですが、それには申込みのタイミングがとても重要で、このタイミングを間違えないようにしなくてはなりません。
希望額まで借りられなかった場合にはすぐに増額を申込みたくなりますが、早すぎる増額申請はNGなのです。
なぜ6カ月以上待たなくてはならないという事ですが、これは利用者がきちんと返済できるかどうかを確認する期間なのです。
最初の申込み時には、この信用の判定が不十分なまま限度額が決まります。
ですから、どこでもそうですが、リスクを見込んで限度額は低目に設定されます。

 

「収入証明書類を提出しておく」

収入証明書類が必要な場合というのは、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入がありその借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合となっています。
ですから、この条件に当てはまらなければ収入証明書類の提出は不要ですが、増額申請をクリアするためにも、あえて収入証明書類を提出するのがポイントです。
提出すれば審査の精度は高くなりますし、嘘をついていないという証明にもなります。
また、希望額がこれ以下でも「プロミス」から書類の提出を求められる場合もあるので、提出しておくに越したことはありません。

 

「他社借入はやめておく」

増額審査でやはり最も問題になるのは、他社からの借入で、消費者金融は総量規制というルールが課せられているため、借入額のチェックは予想以上に厳しくなっています。
増額まで待てずに他で借りてしまう方も多いのですが、これでは増額は困難になるだけです。

 

「プロミス」の増額は、手続きそのものはとっても簡単です。
審査を受けるためにもこれらの事に注意して、準備しておきましょう。
半年間は遅れることなく借入、返済を繰り返し、他で借入を申込んだりしなれば、増額審査に通る可能性は高くなります。

 

増額申請しやすいタイミングとは

「プロミス」で初めて契約した時の限度額が低いと感じたことはありませんか?
基本的にどこでも同じですが、最初の契約時は減額は低く抑えて契約するようになっています。
ただ、限度額は一度決まれば変えられないというものではなく、限度額の増額をすることは可能です。

 

「プロミスからの案内で申込む」

例えば「契約時に利用限度額は20万円で契約したけど、もっと借りたいから利用限度額を50万円にしたい」というのが増額申請で、「プロミスから増額の案内が届く」事があります。
借入を申込んで、毎月忘れず返済できていれば安心です。
プロミスから見れば、キチンと返済してくれる人は優良なお客様となります。
そういう人には「もっと借りて欲しい」となり、ATMや郵送で利用限度額の引き上げの案内があります。
プロミス側から提案があった時は、増額審査が無い場合もあるので、案内が届くのを待つのも増額する良いタイミングとなります。

 

「自分から増額申請をする」

「プロミス」から増額の案内が来るのを待つのも良いのですが、すぐに増額して欲しい場合は自分から増額の申し込みをすることが可能です。
申込み方法は「プロミスコールに電話を掛ける」「会員サービスから申込む」という二つの方法があります。
プロミスコールとはプロミスのフリーダイヤルで、入力が苦手な人にはピッタリな申し込み方法です。
会員サービスからの申込は、時間に関係なく何時でも申込が可能なので24時間いつでも都合のよい時間に申込が出来ます。

 

「増額申請はタイミングが重要」

「プロミス」から増額案内が届く人は、どんな人なのかが解れば増額審査に通る可能性は高くなります
・返済日に遅れることなくキチンと返済している人
・契約後に半年以上継続的に利用している人
・他社から新たな借入れをしていない人
に「プロミス」から案内が送られているので、契約から半年以上、これらの条件をクリアしている事が、増額申請をするタイミングになります。
初めて契約した時は、プロミスと申込者との間には信頼関係はありません。
信頼関係はこれから作っていくという事で、少なくとも半年以上の利用経験で、信頼しても大丈夫な優良顧客と判断されれば、増額が可能になります。

 

増額電話で必ず増額できるとは限らない

「プロミス」を利用中、一定期間を過ぎると、「プロミス」から増額を勧める電話が入ることがあります。
増額の案内電話は、長く「プロミス」を利用していて、優良顧客と判断された人にかかってきます。

 

「提案が有っても簡単には増額できない」

6カ月以上返済期日の遅れが無く、信用を積んでプロミスが優良顧客と認めた時「限度額を増額しませんか」と言う提案がプロミス側からあります。
これは電話がかかってくる場合もありますし、DMで郵送される時もあります。
「では増額をお願いしよう」と思っても、そのまま何事もなくただ、限度額が増えるだけではなく、増額審査を受けなければなりません。
増額審査を改めて受けるのは、本人の属性が以前と変わっている場合があります。
例えば勤務先が変わったとか、住所が変わったなどは解りませんので、もう一度審査をした上での増額となるのです。

 

「増額審査で大事なのは」

増額審査で一番重要視されるのはプロミスにおける利用状況になります。
増額提案があったと言う事は、優良顧客と見なされている為、問題はないと思いますが、返済期日までに返済しているか、他社の借入にも遅延や延滞がないかも併せて審査し、この顧客なら大丈夫と言う人には積極的に増額提案しているのです。
審査内容は申込み当初の基準とほとんど変わりませんが、返済については、遅延が無い事はもちろん、完済が終われば新たに借入する事や余裕のある月は繰り上げ返済をする事も増額してもらうためのポイントになります。

 

「増額のお誘いで減額される場合もある」

増額審査は、改めて審査を行う事になります。
そのため、初回申込時から収入が減っていたり、勤務先を変えた事が解った場合、他社借入れ件数が増えていたりすると、初回に決められた限度額が下がる場合があります。
特に借入額がプロミスを含めた他の借入ですでに3分の1になっていたり、今回の増額分を足して3分の1超となったりする場合は、増額審査にはもちろん通りませんし、場合によっては限度額が下げられる場合もありますので、案内があっても申込をする前に自分の環境をよく確認してから申込をするようにしましょう。
慌てて申込をしてしまい、増額審査には通らず、結果融資限度額も下げられたという事もありますので、状況次第では増額を断ることも必要です。

 

増額審査に通る人落ちる人

キャッシングの限度額は初回契約時に低めに設定されています。
限度額は固定ではなく、条件を満たせば増額してもらう事が出来ます。
限度額を増やす手続きを、増額申請(増枠申請)とも言いますが、もちろん「プロミス」でも増額申請は可能です。
ただし、申込をしたからといって誰でも増額できるわけではありません。

 

「利用限度額を増額する方法」

利用限度額を増額したい場合、「プロミス」に限度額変更を申込むことができます。
限度額変更申込は、プロミスインターネット会員サービスにログインし、「限度額変更申込」から手続気出来ますし、プロミスコールに電話して、限度額変更申込をすることも可能です。
しかし、プロミスに利用限度額の増額を申込んだだけでは、増額はされません。
申込後、増額可能かどうかは増額審査によって決まります。

 

「審査に落ちる人」

プロミスの増額審査は、申込者の信用情報の照会も行います。
ですから、次のような人は増額審査に通る可能性は低くなります。

○クレジットも含め返済で、延滞経験がある人

プロミスでの利用状況はもちろん、他社での延滞がある場合にも増額は困難になります。

○初回申込時より収入が減った人

利用実績に問題がなくても、契約時より収入が減っていれば、増額してもらえる可能性は低くなってしまいます。

○変更が有った場合の変更届は出しているか

プロミスと契約している間に、住所や電話番号などの連絡先が変わる事がありますが、
増額審査では、こうした届出をきちんと行っているかも重要になります。

 

「増額審査に通すためには」
○借りては返すを繰り返す

増額審査を通過するためには、良い顧客と思われる必要があります。
良い顧客とは、利用限度額の範囲内で何度も借入をし、毎月きちんと返済をしてくれる人です。
将来的に利用限度額を増額してもらいたいなら、返済期限を守って毎月の返済をきちんと行っておくことは必須ですが、それに加えて、利用限度額の範囲内で何度も借入しておくのがおすすめです。

○他社の返済もきっちりと

増額審査は、他社の利用状況も関係してきます。
審査は信用情報機関の個人情報の問い合わせもしますので、他社で延滞などの事故を起こしていれば、審査の際にバレてしまいます。
他社で借入している場合にも、延滞することなく、きちんと返済をしている事が重要です。